美容

整形外科で行なえる痛くない眼瞼下垂治療!|目の下のたるみも治る

手軽に行なえる治療法

美容整形

眼瞼下垂の治療法として、高い人気があるのが埋没法と呼ばれる治療法です。埋没法といえば、多くの人が思い浮かべるのが美容整形での施術です。糸をまぶたに埋め込むことにより、短時間で負担もかからず二重になれる施術方法なのです。まぶた自体が垂れ下がってしまう眼瞼下垂には不適当ではないか、と多くの人は考えますが、埋没法によって垂れ下がったまぶたを自然な状態で引き上げることができるのです。眼瞼下垂に使用できる埋没法は、挙筋と呼ばれる筋肉に糸を埋め込むことで、治療を行なっています。挙筋とはまぶたを開けることができる筋肉であり、ここに糸を引っ掛けることで、垂れ下がったまぶたを大きく開けることができるようになるのです。専用の針と糸を使用して行なう埋没法ですが、自分の目付近に糸を通すと聞いて不安を感じる人もいるでしょう。埋没法を行なえる整形外科医は非常に腕もよいので、目を傷つけずにキレイな仕上がりで施術を行なってくれるでしょう。施術は数十分程度の短時間で終わり、使用する糸も外科手術で使う人体に負担を掛けない糸なので、利用することで体に悪影響を与えることもないのです。

埋没法はプチ整形などでも広く使用されている施術であり、眼瞼下垂の治療のために利用することでも、負担や違和感を覚えることなく日常を送ることができます。眼瞼下垂で利用できる埋没法は、素早い施術でメスも使用しないことから、まぶたの腫れなどもすぐに収まります。ダウンタイムが短い施術なので、施術を行なった後もすぐに仕事や学業を再開できるようになるでしょう。施術を行なった翌日には、お化粧を行なう事もできるので、通常の整形手術とは違い生活に影響が現れないのも人気となっています。