美容

整形外科で行なえる痛くない眼瞼下垂治療!|目の下のたるみも治る

ポピュラーな治療法

たるみ

上まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂とは異なり、目の下のたるみが気になる人も多いものです。目の下のたるみは、主に加齢によって現れる症状の一つです。目の下の皮膚が重力によってたれ下がり、周囲から老けて見られるようになります。シミやシワなどの問題は、ファンデーションやコンシーラーを使用してカバーすることができますが、こうした肌のたるみだけはケアすることが難しいものです。肌を引き締める効果のある化粧品を使用しても、目の下のたるみを取り除くことはできないので、鏡を見るたびに残念な気持ちになる女性も多いでしょう。目の下のたるみを解消するには、整形外科による方法が最適となるでしょう。整形外科の手術を受けることで、老化の象徴とも思える目の下のたるみを取り除き、目元を若々しく保つことができるのです。

目の下のたるみを取る手術では、切開を行なって脂肪を除去する方法がポピュラーです。整形外科では、メスによって目の下を切開し、眼窩脂肪を吸引することで治療します。たるみを引き起こす原因である脂肪を取り除くことで、自然と目の下も引き締めることができます。余った皮は切除し縫合するので、目元にシワも残さず治療が行なえます。さらに脂肪細胞は除去すると、再生はしないので、再びたるみが現れることもないのです。この手術では、必要最小限の範囲での切開と、カニューレと呼ばれる細い管を使用して行ないます。傷跡も小さく、術後も目立たないので、多くの人が利用している手術方法なのです。