美容

整形外科で行なえる痛くない眼瞼下垂治療!|目の下のたるみも治る

術後のケア

美容整形

美容整形を行なうクリニックでは、眼瞼下垂の手術後にも多くのケアを行なってくれます。メスによる切開と縫合や、埋没法による針と糸を使用する場合にも、眼瞼下垂の手術ではまぶたや目の周りに負担が与えられるものです。どれだけ負担を抑えた施術を行なっても、皮膚の薄いまぶたを治療する眼瞼下垂の手術では、どうしても腫れが現れてしまうものです。眼瞼下垂の治療を受けた後、整形外科では患部を冷やすアイシングと呼ばれるケアを行ないます。患部を冷却剤のパックで冷やすことにより、患部の血行を低下させ腫れを抑えることができるのです。眼瞼下垂の手術は入院することはできず、日帰りで自宅まで帰らなければなりません。このアイシングを行なうことで、手術の腫れを抑えられるため、周囲から目立つことなく帰宅することができるでしょう。腫れが目立つ場合は、サングラスの貸出を行なってくれる整形外科もあるので、周りに悟られることなく帰途につくことができます。

眼瞼下垂の手術を行なった後も、整形外科ではアフターケアを行なってくれます。後日整形外科へ行くことで、手術を行なった医師が術後の様子を詳しく調べてくれます。多くの人が利用している外科手術であっても、百パーセント確実に治療が成功するとは限りません。そのため整形外科では、アフターケアとして術後の様子を調べることで、手術によって何らかの悪影響が現れていないか調べるのです。何らかの異変が現れていた場合、すぐに無料での再手術などを行なってくれるので、安心して利用することができるでしょう。